FC2ブログ
(梅干しの話、後半です)

今年は夏が遅く、
なかなか土用干しのタイミングがやってきませんでした。
ようやく「もう夏でしょう」となったのはお盆前でしたので
お盆に干しました。

ume09_hoshi_1st-1.jpg






 いきいきふっくら


初日は本当にいい天気で、数時間毎にひっくり返します。
ひっくり返すときの梅たちのぬくもりといったら。
至福です。

ume09_hoshi_1st-2.jpg






 ふっくらですから


ume09_umesuhoshi.jpg






 梅酢も紫蘇も太陽に当たります


初日は無事終え、
私は夜は部屋に取り込み、梅酢に戻しました。

そして翌日
曇っています。
太陽に当たらないと意味がないので、やめました。
3日3晩連続らしいのですが…仕方有りません。
一日置いて、再開。

ume09_hoshi_2nd.jpg





 初日の少し不自然な赤い色から
 自然な色になってきたのです


ここまではよかったのです。



天気予報では、しっかり3日間晴れだったのに
曇りです。
また曇りです。
連日梅酢に戻すと塩分が増してしまうので
部屋に取り込み、そのままにしていました。
すると


乾燥したのです。


ume09_hoshi_5th.jpg



 しわ、しわ

 塩が



しわしわはきっといいのです。
だけど、塩が吹き出しているのです。
これは?
インターネットでいろんな画像を見ましたが、
こんなことにはなっていません。

思案した結果、
再び梅酢に戻して(ごまかして)



ume09_hozon1.jpg





 干し上げました!



梅しごとのクライマックスを迎えて
なかば興奮していますので、
梅たちの勇姿を写真におさめるのを忘れていました。



いろいろな参考写真をみても、
どれももっとふっっくらしています。
うちの梅たちは少し、きゅっとなっています。
そのあたりは、最初に漬ける際の完熟度の影響もあるようです。
ですが

美味しい!

かなり、しょっからいですけれど。

それはこれからの熟成期間で
じっくりまろやかに成長してくれるのでしょう。


ume09_hozon3.jpg
少し分けて、「どぶ漬け」にしました。
干し上げたあと梅酢に戻して保管するそうです。
紫蘇を擦り砕いたゆかりと、
たくさんの梅酢も出来ました。



5月後半から待ちわび、
6月中は連日八百屋巡りと梅談議。
梅雨が明けるのを待ちながら
毎日一度は様子伺いをし、
8月後半、
ようやく「梅干し」として床につきました。
あとは梅たちの健やかな睡眠にまかせるのです。


まさに手探りで、たっぷりと次の課題ができました。
来年を思うと、早くもわくわくしてきます。

梅しごとは本当に楽しいのです。
これを始めただけでも、今年は既に満足な年です。

来年は、梅を摘みにいくところからはじめる予定です。


  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://nagamenosora.blog116.fc2.com/tb.php/124-0313f5a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)